German-style Game ~ドイツゲーム~

『ドイツゲーム』とは?

『ドイツゲーム』とはドイツを中心としたフランス・オランダ・イギリスなど主に欧州国生まれのアナログゲーム(ボードゲームやカードゲーム)たちのことです。

(稀にドイツゲームに影響を受けたアメリカや日本生まれのテーブルゲームもドイツゲームと呼ばれます。)

実は現在も、ドイツは世界屈指のボードゲームの市場を持つ国であり、 2007年には俗に言うテーブルゲームの総売り上げが4億ユーロを突破し、これはその時点でのドイツの玩具市場の総売上の17.8%を占めていました。

 

ドイツゲームは日本でよく知られているテーブルゲームとは違う、後述する独自の特徴を多く持つためにこのように別けて呼ばれています。


ドイツゲームの特徴

世界中では毎年1000個以上の新作ゲームが発売されています。そして世界中で入手可能なテーブルゲームは1~2万種類にも及びます。

ゲームの内容もここ10数年で大きく進化しており、決して過去のものではありません。

B-CAFEでも、さすがに全てのゲームを網羅しているわけではありません。それぐらい世界中の多くの種類があるのです(笑)

ドイツゲームは運と技術の両方が適度に必要なものが多く、初心者や子供でも勝つことができ、また、習熟することにより勝ちやすくなるという上達の要素もあります。

ゲームの種類にもよりますが、初めて遊んだ方が、何回も遊んでいる経験者に勝つことも珍しくありません。

その他の特徴として・・・

  • ルールが比較的簡単。その場で説明してすぐ遊べる程度。
  • 対象人数は2人のものもあるが、3人~6人程度の多人数ゲームが多い。人気ゲームでは、より多くの人数でプレイするための拡張キットが発売されることがある。
  • 子供でもできるが、大人でも(大人同士でも)十分楽しめる内容である。
  • ゲームの内容物はしっかりとした造作となっており、板状のボード、(多くは木製の)コマなどが用いられる。造形デザインや描かれるイラストも美麗で、中にはインテリアとして十分通用するゲームも。

では、どんなゲームがあるの?

百聞は一見にしかず。店内は遊べる代表的なドイツゲームをいくつか紹介しましょう!

カルカソンヌ

カルカソンヌ
8歳~大人 2~5人

ルール難度★★☆(2)

 

実在の観光都市『カルカソンヌ』を元にしたドイツゲーム。

地形の書かれたタイルを中央の場からつなげていき、道や都市に部下を送り込むゲームです。

手軽に遊べて、運と実力のバランスが良く、ドイツゲームがどのようなものなのかひと通り体感できると思います。

部下コマ(ミープルと呼ばれます)の可愛さも人気の一つ。

このゲームを基準に、もっとガッツリやりたいか、もっとお手軽なのがいいか、次のゲーム選びに繋げてみるといいかもしれません。

ハゲタカのえじき

8歳~大人 2~6人 ルール難度★☆☆(1)  

ゲームを全くしたこと無い方や年配の方でもわかる凄くシンプルな心理戦カードゲーム。

全員が1~15の数字が書かれたカードを持ち、毎回現れる得点カードを手札の数字カードの数字比べで取り合います。

全員が密かに数字カードを選び、「せーの」で同時にオープン。

一番大きな数字カードを出していた人が得点カードを貰えますが、他の人と同じ数字を出していると共倒れで得点カードが貰えません!

ルールはこれだけ!なのに老若男女盛り上がれる名作です。


キャプテン・リノ

5歳~大人 2~5人 ルール難度★☆☆(1)  

折り曲げたカードをビルの壁に見立てて崩さない様に積み上げていくバランスゲーム。

UNOの様な特殊な能力を持つカードもあり、最後まで油断できません。

そしてクセモノなのがサイのヒーロー(?)「キャプテン・リノ」。彼が動くとビルの重心が変わってバランスに変化が!

見た目も可愛くて楽しく、大人と子供が一緒に盛り上がれるゲームです。

カタンの開拓者

10歳~大人 3~4人 ルール難度★★★(3)  

ドイツゲームに慣れてきたら一度は遊んでいただきたい!

無人島を舞台に開拓競争。資源を集めて道を作り、家を建てて発展させていきます。

しかし自分一人だけではなかなか思うように資源は揃いません。

このゲームでは他の人と資源の「交換」が出来ます。欲しいカードを貰えるようにうまく「交渉」しましょう。

マップの構成はランダムで決まるので何度も楽しめます。

世界中に愛好会の多いドイツゲームの王様。

 

 


人狼ゲーム

約13歳~大人 約8人以上~ ルール難度★★☆(2)  

インターネット上やテレビなどで話題になった「人狼ゲーム」。

実は人狼ゲームも元をたどればヨーロッパ発祥の伝統ゲームだそうです。

人狼ゲームは、「善良な村人たちと村人を装う狼男たちとの会話での殺戮劇」ゲームの総称であり、「村人たち+人狼たち+3〜4種の代表的な役職」という基本的なスタイルはあっても、「これが人狼ゲームだ!」というものはなく、出自が伝統系ゲームということもあって、人狼系ゲームにはたくさんの派生型があり ます。※すごろくや様の解説ページより

 

海外・国内でたくさんのバリエーションが発売されており、当店のオススメは、

  • 大元の人狼ゲームに近く、日本語で役割をわかりやすく説明している『人狼~嘘つきは誰だ?~カードバトル』
  • 司会進行役が不要で脱落者も出ないが、比較的少ない人数で遊べ、「善良な村人に紛れて嘘をつく」「村人に紛れた人狼をあぶり出す」といった人狼ゲームのエッセンスを楽しめる『レジスタンス』
  • 同じく司会進行役不要で、少ない人数で遊べ、僅か5分で決着が付くお手軽な『ワンナイト人狼』

「嘘をつく」というのは日常では良くない事ですが、普段できない事(嘘をつく事)を行うスリルや皆の発言を元に推理する楽しさが人気です。

他にも沢山あります

紹介したゲームはB-CAFEで遊べるゲームのほんの一部です。多すぎてココには全て書ききれません(笑)

他にもTwitterやInstagramなどでドイツゲームの紹介を行っていきます。

 

あなたもドイツゲームの世界を是非一度体験してみてください!

 



ドイツゲーム小話

  • ゲームの作者(デザイナー)が意識され、ほとんどのゲームのパッケージに名前が書かれています。
  • 人気デザイナーも多く、デザイナーの名前が売り上げにも影響されます。
  • 日本では漫画や音楽などで作者名やアーティスト名が表紙に記載されたりして、人気のある方のものは凄く注目されますよね?そんな感じに近いです。
  • 漫画や音楽と同様にドイツではテーブルゲームが一つの文化として定着しているのです。